!

新型コロナウイルス(COPID-19)に関連する最新の旅行情報

oneworld® アライアンスがいつも第一に考えるのは、お客様の安全です。そこで、新型コロナウイルス(COPID-19)に関連する最新の旅行情報や、各加盟航空会社およびハブ空港が実施している予防対策に関するご案内をこちらのページにまとめました。これが、「oneworld Together」です。

「旅行検索」ツールでご旅行に関する注意点をご覧ください。以下の各航空会社またはハブ空港についての説明もご確認いただけます。

空港別情報

ヨルダン、アンマン - クイーン・アリア国際空港(AMM)

クイーン・アリア国際空港が現在講じている対策の主なポイント:

  • 入国:ヨルダン・ハシミテ王国は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新のガイドラインについては、保健省のウェブサイトでご覧いただけます。

  • セルフ・チェックイン:セルフ・チェックイン・マシンの台数が増えました。

  • 体温スクリーニング:空港入口および搭乗ゲートで検温を行っています。

  • マスクと手袋: AMM内にいる間は、全員マスクと手袋を着用することが要求されています。

  • 手指の消毒剤: ターミナル入口では必ず手を消毒してください。空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。エレベーターのご利用人数を1回につき2名に制限しています。

  • 清掃の徹底:健康および安全に関する最高の国際基準に従った Jordan Civil Aviation Regulatory Commission に準拠して、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、AMM のウェブサイトにアクセスしてください。

モロッコ、カサブランカ - ムハンマド 5 世国際空港(CMN)

ムハンマド 5 世国際空港が現在講じている対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: モロッコ王国は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、モロッコ王国のウェブサイトで確認することができます。

  • 旅客用健康調査票:Upon arrival, all passengers must present a duly completed “Public Health Passenger Form," which can be found on the Kingdom of Morocco's website.

  • 新型コロナウイルス検査:モロッコに到着するすべてのフライトでは、すべての乗客は72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果(72時間以内に発行された結果ではありません)を提示する必要があります。11歳未満のお子様にはこの要件は適用されません。詳細については、モロッコ王国のウェブサイトにアクセスしてください。

  • 体調スクリーニング:すべての乗客は到着時にサーモグラフィカメラによる検温を受ける必要があります。

  • 顔を覆うもの:CMN への来訪者および従業員全員は、マスクなどの顔を覆うものを着用することが要求されています。

  • 手指の消毒剤:ターミナル入口では必ず手を消毒してください。空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、CMN のウェブサイトにアクセスしてください。

ノースカロライナ州、シャーロット - シャーロット・ダグラス国際空港(CLT)

シャーロット・ダグラス国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: COVID-19 の感染拡大が広く進行中であるため、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、一部の国または地域から CLT に到着した旅行者を対象に、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 顔を覆うもの: CLT への来訪者および従業員全員は、マスクなどの顔を覆うものを常時着用することが要求されています。

  • 手指の消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離:空港各所に設置された電光掲示板およびフロアサインで、感染予防のために他者との距離を保つよう指示されています。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、CLT のウェブサイトにアクセスしてください。

イリノイ州、シカゴ - オヘア国際空港(ORD)

オヘア国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: COVID-19 の感染拡大が広く進行中であるため、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、一部の国または地域から ORD に到着した旅行者を対象に、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 顔を覆うもの:ORD への来訪者および従業員全員は、マスクなどの顔を覆うものを常時着用することが要求されています。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底: ウイルスと細菌を殺す消毒剤の使用も含め、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、ORD のウェブサイトにアクセスしてください。

スリランカ、コロンボ - バンダラナイケ国際空港(CMB)

バンダラナイケ国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:スリランカ保健局は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、コロナウイルスに関するスリランカ政府のウェブサイトで確認することができます。

  • 健康診断:すべての乗客は到着時にサーモグラフィカメラによる検温を受ける必要があります。

  • マスク: CMB への来訪者および従業員全員は、マスクを着用することが要求されています。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 清掃の徹底:WHO と公衆衛生局の指針に準拠して、空港と一般エリアの予防的清掃と消毒が定期的に行われています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、CMB のウェブサイトにアクセスしてください。

テキサス州、ダラス - ダラス/フォートワース国際空港(DFW)

DFW 国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: COVID-19 の感染拡大が広く進行中であるため、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、一部の国または地域から DFW に到着した旅行者を対象に、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 顔を覆うもの:DFW の利用者と従業員の全員にマスクの着用が求められています。認められるマスクは以下の通りです:サージカルマスク、N95 レスピレーター。自作のマスク(スカーフ、バンダナ、ハンカチ)も可。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 手指の消毒剤: 空港内全域に手指の消毒剤装置が設置されています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、TSA の保安検査場、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • スマート洗面所:自動ソープディスペンサー、自動蛇口、ワンタッチ式ペーパータオルディスペンサーが、空港全域に設置されていて、タッチレスが実現されています。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • GBAC STAR 認証:DFW は Global Biorisk Advisory Council の GBAC STAR™ 認証を受けています。これは空港がCOVID-19 などの生物学的脅威に対応する適切な手順を定めていることを保証するものです。

情報は変更される場合があります。最新情報については、DFW のウェブサイトにアクセスしてください。

カタール、ドーハ - ドーハハマダ国際空港(DOH)

ハマダ国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 体温スクリーニング:到着および出発の乗客全員に対して、COVID-19 の症状がないかどうかスクリーニングが行われます。赤外線熱イメージングカメラと人工知能が搭載された最新の体温スクリーニング用ヘルメットも使用されています。

  • マスク:DOH への来訪者および従業員全員は、マスクを着用することが要求されています。カタールで定められた規則に従わない場合は、法的措置の対象となります。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 身体的距離:常に身体的距離を開けることが求められています。この空港では、標識、床マーキング、隣との距離を空けた座席が設置されていて、他の乗客から 1.5 メートルの距離を確保することができます。

  • 定期的な消毒:完全自律型巡回モバイル消毒ロボットが導入されたことに加えて、手すり、手荷物受け取りベルトコンベヤー、台車、手が触れる可能性のある場所はすべて、15 分に一度消毒されています。

  • 手荷物の消毒: 出発、到着、乗り継ぎの手荷物はすべて、当空港で消毒されます。

  • Skytrax Accredited: Hamad holds a 5-Star COVID-19 Airport Rating from Skytrax following an independent analysis of the airport's hygiene and safety measures, assessing more than 400 factors and evaluating its COVID-19 procedures.

情報は変更される場合があります。最新情報については、ハマダ国際空港(DOH)のウェブサイトにアクセスしてください。

フィンランド、ヘルシンキ - ヴァンター空港(HEL)

ヘルシンキ-ヴァンター空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: フィンランド政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、フィンランド政府のウェブサイトで確認することができます。

  • Health Screenings: Health entry screenings at HEL may be conducted for travellers arriving from some countries or regions with widespread ongoing transmission of COVID-19, as determined by the Finnish health authority. Find the latest guidelines on health screening procedures at the Finnish government's website.

  • マスク:HEL にいる間は全員にマスクの着用が求められています。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底: 欧州航空安全機関(EASA)の安全勧告に従って、UVC テクノロジーの使用も含め、空港内全域の共有エリアがより徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、HEL のウェブサイトにアクセスしてください。

香港、香港 - 香港国際空港(HKG)

香港国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:香港特別行政区政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、コロナウイルスに関する香港特別行政区政府のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング:COVID-19 の感染拡大が広く進行中であるため、香港衛生署の決定に従い、一部の国または地域から HKG に到着した旅行者を対象に、入国時の体調スクリーニングが実施されています。最新の指針は、コロナウイルスに関する香港特別行政区政府のウェブサイトで確認することができます。

  • マスク:HKG にいる間は全員にマスクの着用が求められています。

  • 手指の消毒剤: 空港内全域に手指の消毒剤装置が設置されています。

  • タッチレス入国:モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、保安検査場通過時の身体的接触を制限します。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:清掃ロボットの使用も含め、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • UV 技術:インテリジェント殺菌ロボットが、空港全域を自律的に動き回っています。内蔵 UV ランプ、360 度消毒スプレーヘッド、0.3um エアーフィルターを使用して、空気中および物体の表面に付着している細菌とウイルスを最高で 99.99% 殺します。

  • スタッフ専用消毒通路:空港スタッフは、全身消毒通路設備を通って空港内に入ります。この設備には、体温検査の後に、40 秒間の消毒・殺菌プロセスが組み込まれています。

  • ACI による空港の衛生に関する認定:HKG holds an accreditation from the Airports Council International for airport health and safety.

  • Skytrax Accredited: HKG received a 5-Star COVID-19 Airport Rating from Skytrax following an independent analysis of the airport's hygiene and safety measures, assessing more than 400 factors and evaluating its COVID-19 procedures.

情報は変更される場合があります。最新情報については、HKG のウェブサイトにアクセスしてください。

マレーシア、クアラルンプール - クアラルンプール国際空港(KUL)

クアラルンプール国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:マレーシア運輸省は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、コロナウイルスに関する運輸省のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング:航空保安対策チームは、乗客を対象に空港の出入り口と到着時にマスク着用と体温に関してスクリーニングを行います。空港全域に体温スキャナーが設置されています。

  • マスク: KUL への来訪者および従業員全員は、マスクを着用することが要求されています。

  • 手指の消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しました。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 安全な距離:安全コンプライアンス担当職員がパトロールし、空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底: 空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • UV 技術:空港全域で紫外光殺菌技術が試験運用されています。

  • タッチレス入国:モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、保安検査場通過時の身体的接触を制限します。また、顔認識技術も導入中です。

情報は変更される場合があります。最新情報については、KUL のウェブサイトにアクセスしてください。

英国、ロンドン - ヒースロー空港(LHR)

ヒースロー空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 英国政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新のガイドラインについては、英国国境局のウェブサイトでご覧いただけます。

  • 渡航者追跡フォーム:すべての乗客は、英国到着48時間前までに「渡航者追跡フォーム」の記入を済ませる必要があります。フォームは英国政府のウェブサイトにてオンラインで記入・提出してください。

  • 顔を覆うもの: LHR にいる間は全員にマスクの着用が求められています。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底: シートやカートへの消毒液の噴霧をはじめ、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • UV 技術: エスカレーターの手すりを含め、空港全域で紫外線殺菌技術が試験運用されています。また、トイレでは自動走行ロボットによる消毒作業も行われています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、案内所、店に、商業用等級のシールドが設置されました。

  • タッチレス入国: モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、保安検査場通過時の身体的接触を制限します。

  • ラウンジ:イングランドにおける全国的な制限に従い、現在すべてのラウンジが閉鎖されています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、LHR のウェブサイトにアクセスしてください。

カリフォルニア州、ロサンゼルス - ロサンゼルス空港(LAX)

ロサンゼルス国際空港による現行対策の主なポイント:

  • Traveller Form: All passengers arriving into Los Angeles County, including returning residents, are required to fill out an online form and self-quarantine for 10 days. Visit the City of Los Angeles' website to access the form.

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: LAX では、COVID-19 の感染症拡大が進行している一部の国または地域から到着した旅行者を対象に、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 新型コロナウイルス検査:LAX では、Clarity Lab Solutions がFDA 認可の新型コロナウイルス感染症PCR検査を実施し、検査を受けた人へ24時間以内にメールで結果を通知します。検査は以下の場所で実施されます:1) トム・ブラッドリー国際ターミナルの上階/出発階、ターミナル北側のエリア「C」、2) ターミナル 2の下階/到着階、インフォメーションカウンター付近、3) ターミナル 6の下階/到着階、インフォメーションカウンター付近検査の費用は$150で、すべての乗客が受けることができます。詳細については、LAX のウェブサイトにアクセスしてください。

  • 顔を覆うもの:LAX にいる間は全員にマスクの着用が求められています。認められるマスクは以下の通りです:布製マスク、バンダナ、スカーフ。あるいはゴムや留め具で固定できる、Tシャツ、タオル、その他の生地で作られたマスクも利用できます。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 清掃の徹底: 病院レベルの洗浄剤を使用して空港内全域の共有エリアがより徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっており、紫外線殺菌技術が試験運用されています。

  • UV 技術:ターミナルの空調を含め、空港全域で紫外光殺菌技術が試験運用されています。

  • 最新の空気濾過システム:LAX では、イオンおよび紫外線で施設の空気循環システムを殺菌しています。

  • タッチレス入国: モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、TSA 保安検査場通過時の身体的接触の機会を減らします。

情報は変更される場合があります。最新情報については、LAX のウェブサイトにアクセスしてください。

スペイン、マドリード - バラハス空港(MAD)

アドルフォ・スアレス・マドリード・バラハス空港による現行対策の主なポイント:

  • 入国:スペイン政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新のガイドラインについては、保健省のウェブサイトでご覧いただけます。

  • FCS フォームおよびQR コード: すべての乗客は、スペイン到着48時間前までに保健省のウェブサイトにアクセスして、衛生管理フォーム(FCS)を記入し、QR コードを保存する必要があります。到着時に検疫を通過する際にはこのQR コードを提示してください。

  • 体調スクリーニング: 到着直後、外国からの乗客は、熱探知カメラを使用した外国人用体温管理に合格しなければなりません。

  • マスク:MAD にいる間は全員にマスクの着用が求められています。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、案内所、店に、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、MAD のウェブサイトにアクセスしてください。

オーストラリア、メルボルン - タラマリン国際空港(MEL)

メルボルン国際空港による現行対策の主なポイント:

  • Victorian Travel Permit System: To help stop the spread of COVID-19, all travellers seeking to enter Victoria (including travellers from from other parts of Australia) must apply for a travel permit before arrival. The travel permit framework is broken down into three zones. For more information and to apply for a permit, visit the Victorian government's website.

  • 外国からの入国:オーストラリアに到着したすべての旅行者は、到着空港内の指定施設で強制的に 14 日間隔離されることに同意する必要があります。オーストラリア国民、永住者、オーストラリア国民または永住者の近親者、通常オーストラリア国内に居住しているニュージーランド国民は、オーストラリアへの渡航が可能です。旅行に関する規制は変更されることがあります。最新情報については、総務省のウェブサイトにアクセスしてください。ビクトリア州全域で現在施行されている旅行および隔離に関する規制の詳細については、こちらをご覧ください。

  • マスク:Everyone is required to wear a face mask while at MEL. マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 手指消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーが用意されています。

  • 安全な距離:空港各所に設置された標識や床のマークで、感染予防のために他者との距離を保つよう指示されています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、MEL のウェブサイトにアクセスしてください。

フロリダ州、マイアミ - マイアミ国際空港(MIA)

マイアミ国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: MIA では、COVID-19 の感染症拡大が進行している一部の国または地域から到着した旅行者を対象に、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 顔を覆うもの: MIA にいる間は全員にマスクの着用が求められています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 手指の消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:病院レベルの洗浄剤の使用も含め、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • ACI による空港の衛生に関する認定:MIA は空港の衛生および安全面について国際空港評議会の認可を受けています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、MIA のウェブサイトしてください。

ロシア、モスクワ - ドモジェドヴォ国際空港(DME)

ドモジェドヴォ国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 体調スクリーニング:ターミナル入口で非接触での体温検査が実施されます。空港の全スタッフは勤務交代前に毎回健康診断を受診しています。

  • マスクと手袋:DME にいる間は全員にマスクと手袋の着用が求められています。

  • 手指の消毒剤: 空港内全域に手指の消毒剤装置が設置されています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:Rospotrebnadzor(保健および健康を監視するロシア政府機関)の推奨に従い、空港内全域の共有エリアが、特別な消毒液でより徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • タッチレス入国:モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、保安検査場通過時の身体的接触を制限します。

情報は変更される場合があります。最新情報については、DME のウェブサイトにアクセスしてください。

ニューヨーク州、ニューヨーク市 - ジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)

ジョン・F・ケネディ国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: JFK では、COVID-19 の感染症拡大が進行している一部の国または地域から到着した旅行者を対象に、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 新型コロナウイルス検査:ターミナル 1(出発階)のエリア「H」では、Adams Health Services によるさまざまな新型コロナウイルス検査(PCR検査を含む)を受けることができ、結果は通常2~3時間で判明します。また、ターミナル 4の1階(Central Diner付近)ではXpres Checkによる検査も実施しています。Free, walk-in COVID testing services are available outside Terminal 5 (T5 - JetBlue), as well. 詳細については、JFK のウェブサイトにアクセスしてください。

  • マスク:JFK にいる間は全員にマスクの着用が求められています。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、TSA の保安検査場、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:EPA 認証の洗浄剤や CDC 推奨の洗浄剤の使用も含め、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • UV 技術:空港全域で紫外光殺菌技術が試験運用されています。

  • ACI Airport Health Accreditation: JFK holds an accreditation from the Airports Council International for airport health and safety.

情報は変更される場合があります。最新情報については、JFK のウェブサイトにアクセスしてください。

ロシア、ノヴォシビルスク - トルマチョーヴォ空港(OVB)

トルマチョーヴォ空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: ロシア連邦政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。コロナウイルスに関する最新のガイドラインについては、ロシア連邦政府のウェブサイトでご覧いただけます。

  • PCR 検査:ロシア連邦国家衛生医師長が制定した法令により、すべてのロシア市民はロシア到着後3日以内にPCR検査を受けることが義務付けられています。PCR検査は空港で受けることができます。ロシア市民以外の方は、ロシア到着前3日以内に受けたPCR検査の結果を提出する必要があります。

  • 体調スクリーニング: ターミナル入口で非接触での体温検査が実施されます。空港の全スタッフは勤務交代前に毎回健康診断を受診しています。

  • マスクと手袋:OVB にいる間は全員にマスクと手袋の着用が求められています。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底: Rospotrebnadzor(保健および健康を監視するロシア政府機関)の推奨に従い、空港内全域の共有エリアが、特別な消毒液でより徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • UV 技術: ターミナルの空調を含め、空港全域で紫外光殺菌技術が試験運用されています。

  • タッチレス入国:モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、保安検査場通過時の身体的接触を制限します。

情報は変更される場合があります。最新情報については、OVB のウェブサイトにアクセスしてください。

フィジー、ナディ - ナディ国際空港(NAN)

ナディ国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:フィジー政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新のガイドラインについては、入国審査局のウェブサイトでご覧いただけます。

  • 健康診断:すべての乗客は検温を受ける必要があります。体温が37.4度以上ある場合は搭乗できません。

  • モバイルアプリが必要です:フィジー保健医療サービス省の追跡調査に協力するため、チェックインの前に careFiji アプリをダウンロードして、携帯電話による登録を完了していただく必要があります。careFiji アプリは、Apple App Store または Google Play からダウンロードしてください。

  • マスク:NAN にいる間は全員にマスクの着用が求められています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 手指消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーが用意されています。

  • 安全な距離:空港各所に設置された標識や床のマークで、感染予防のために他者との距離を保つよう指示されています。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、NAN のウェブサイトにアクセスしてください。

ペンシルベニア州、フィラデルフィア - フィラデルフィア国際空港(PHL)

フィラデルフィア国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: PHL では、COVID-19 の感染症拡大が進行している一部の国または地域から到着した旅行者を対象に、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • マスク:PHL にいる間は全員にマスクの着用が求められています。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 清掃の徹底:Envirox Critical Care(低い毒性と 24 時間にわたる残留細菌の殺菌能力で知られている極めて強力な消毒剤)の使用を含め、空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • タッチレス入国: モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、TSA 保安検査場通過時の身体的接触の機会を減らします。

  • スマート洗面所:自動ソープディスペンサー、自動蛇口、ワンタッチ式ペーパータオルディスペンサーが、空港全域に設置されていて、タッチレスが実現されています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、PHL のウェブサイトにアクセスしてください。

アリゾナ州、フェニックス - フェニックス・スカイハーバー国際空港(PHX)

フェニックス・スカイハーバー国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 新型コロナウイルス検査:Several types of COVID-19 testing is available at PHX via XpresCheck, including a Polymerase Chain Reaction (PCR) Test, a Blood Antibody Test, and the Rapid Abbott ID NOW COVID-19 test with results while you wait. The testing site is located pre-security on Level 3 of Terminal 4 within the Drugs & More store. To schedule an appointment, visit Xprescheck.com. For more information, visit PHX's website.

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: PHX では、COVID-19 の感染症拡大が進行している一部の国または地域から到着した旅行者を対象に、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 顔を覆うもの:PHX にいる間は全員にマスクの着用が求められています。認められるマスクは以下の通りです:サージカルマスク、N95 レスピレーター。自作のマスク(スカーフ、バンダナ、ハンカチ)も可。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 手指の消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:接触の機会を多い箇所の衛生状態に絶えず注意を払うなど、徹底的な 24 時間体制の空港清掃スケジュールが実施されています。

  • UV テクノロジー:ターミナル 3&4の保安検査場手前にあるエスカレーター手すりをUV-C LED ライトで消毒するなど、空港全域で紫外線殺菌技術が運用されています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、PHX のウェブサイトにアクセスしてください。

オーストラリア、シドニー - シドニー国際(キングスフォード・スミス)空港(SYD)

シドニー国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:オーストラリアに到着したすべての旅行者は、到着空港内の指定施設で強制的に 14 日間隔離されることに同意する必要があります。オーストラリア国民、永住者、オーストラリア国民または永住者の近親者、通常オーストラリア国内に居住しているニュージーランド国民は、オーストラリアへの渡航が可能です。旅行に関する規制は変更されることがあります。最新情報については、総務省のウェブサイトにアクセスしてください。ニューサウスウェールズ州全域で現在施行されている旅行および隔離に関する規制の詳細については、こちらをご覧ください。

  • Face Masks: Everyone is required to wear a face mask while at SYD. マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 手指消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーが用意されています。

  • 安全な距離:空港各所に設置された標識や床のマークで、感染予防のために他者との距離を保つよう指示されています。

  • 清掃の強化:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、SYD のウェブサイトにアクセスしてください。

日本、東京 - 東京国際(羽田)空港(HND)

羽田空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:日本政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新のガイドラインについては、厚生労働省のウェブサイトでご覧いただけます。

  • マスク:空港にいる間は、乗客全員にマスクの着用が要請されています。空港の従業員全員にマスクの着用が求められています。

  • 安全な距離:空港各所に設置された標識や床のマークで、感染予防のために他者との距離を保つよう指示されています。

  • 清掃の強化:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • Skytrax Accredited: HND received a 5-Star COVID-19 Airport Rating from Skytrax following an independent analysis of the airport's hygiene and safety measures, assessing more than 400 factors and evaluating its COVID-19 procedures.

情報は変更される場合があります。Visit HND's website for the latest information.

日本、東京 - 成田国際空港(NRT)

成田国際空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国:日本政府は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着したときに適用する国際線到着プロセス要件を定めました。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新のガイドラインについては、厚生労働省のウェブサイトでご覧いただけます。

  • 体調スクリーニング:保安検査場に入場する前に国内線の体温検査が実施されます。平熱よりも高い体温が検知された場合は、ご利用の航空会社の係員にご相談ください。

  • マスク: NRT の利用者と従業員の全員にマスクの着用が要求されています。

  • 手指の消毒剤:空港各所に手指消毒剤のディスペンサーを設置しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離: 空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

  • タッチレス入国:こちらの空港では、顔認証技術を用いた非接触での搭乗手続きの導入を計画しており、搭乗券やパスポートを提示する必要がなくなります。

情報は変更される場合があります。最新情報については、NRT のウェブサイトにアクセスしてください。

ワシントンDC - ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港(DCA)

レーガン・ナショナル空港による現行対策の主なポイント:

  • 外国からの入国: 連邦政府機関は、COVID-19 の高リスク国から乗客が到着する米国内の各空港で、同じ国際線到着プロセス要件を実施しています。ただし、この国際線到着プロセスは頻繁に変更されており、しかも乗客の旅程または体調によっても異なる可能性があります。最新の指針は、国土安全保障省(DHS)のウェブサイトと、疫病管理予防センター(CDC)のウェブサイトで確認することができます。

  • 体調スクリーニング: DCA では、COVID-19 の感染症拡大が進行している一部の国または地域から到着した旅行者を対象に、DHS、CDC、および税関・国境警備局の決定に従い、入国時の体調スクリーニングが実施されています。体調スクリーニング手続きの最新の指針については、DHS のウェブサイトで確認することができます。

  • 顔を覆うもの: レーガン・ナショナルにいるすべての人に対してマスクの着用が求められています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、サービスデスク、インフォメーションカウンター、ショップに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 安全な距離:空港内全域に標識と床マーキングが施されているため、他の人との安全な距離を確保することができます。

  • 清掃の徹底:空港内全域の共有エリアが、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。

情報は変更される場合があります。最新情報については、DCA のウェブサイトにアクセスしてください。

免責事項

免責事項:This information is made accessible for your convenience and should not be relied upon for the planning of your trip or any decisions in relation to travel. The information is compiled, monitored and provided independently by the respective source(s) identified for each information item. oneworld does not guarantee the accuracy or reliability of this information – for more information, please refer to the respective source. 各地の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応は常に変化しているため、情報が古くなったり不正確になったりする可能性があります。ご旅行時の出発地、目的地、経由地で適用される実際の制限や要件に関する情報を入手することはお客様の責任となります。In the event of a conflict between the information displayed here and the requirements of any authority, airport or airline, the latter shall govern. oneworld shall have no liability or responsibility for any omissions, errors or inaccuracies in this information or the information provided by the respective source(s). This information is made available to you on the basis that you have accepted these terms.

旅行のヒント

体調がすぐれないときはご旅行をお控えください。

身体的接触の機会を減らすために、チェックインはオンラインで行うか、航空会社のモバイルアプリをご利用ください。

oneworld のすべての加盟航空会社では、お客様にマスクやフェイスカバーの着用をお勧めしています。マスクを着用していただけない場合、一部の航空会社ではご搭乗をお断りすることがあります。ご旅行前に各航空会社の要件をご確認ください。

手荷物は最小限に抑えるように心がけてください。できるだけセルフサービスの手荷物預け機をご利用ください。

oneworld のすべての加盟航空会社にて、清掃および衛生の基準を向上させました。

すべての最新型航空機が HEPA フィルター(大部分の病院が利用しているのと同じ空気循環技術)を使用しており、可能な限り良質な空気を確保しています。

用意されている手指消毒液を使い、こまめに手洗いをしてください。

ソーシャルディスタンスを促す看板や床のマークに目を配ってください。

航空会社別の情報

アメリカン航空

アメリカン航空による現行対策の主なポイント:

  • Preflight COVID-19 Testing for All US Destinations with Travel Requirements: American Airlines has expanded its preflight COVID-19 testing programme for travel within the United States for all flights to U.S. locations that have COVID-19 restrictions, including Puerto Rico. Starting Dec. 9, American Airlines customers traveling to any U.S. city, state or territory that has COVID-19 travel restrictions will have access to at-home testing through LetsGetChecked for travel on or after Dec. 12. Visit American's website for details.

  • 症状チェックリスト: チェックイン手続き中、すべてのお客様に、過去14日間にわたって COVID-19 の症状はないという確認が行われなければなりません。

  • マスク: お客様は、搭乗前、搭乗/降機時、およびフライト中は常にマスクを着用する必要があります。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。通気口があるもの、あるいはメッシュ素材やレースタイプの生地で作られたマスクは認められません。

  • 清掃の徹底: 航空機と空港の共通エリアをより徹底的かつ頻繁に清掃する「清掃への取り組み」

  • 静電スプレー: 99.9999%のウイルスや細菌を殺菌し、効果が最長 7 日間持続する、EPA 認定の病院レベルの消毒剤を幅広く使用しています。

  • GBAC STAR Accredited: Received GBAC STAR™ Accreditation from the Global Biorisk Advisory Council following a thorough review of its proper procedures to respond to biological threats like COVID-19. Learn more on American's website.

  • 手指の消毒剤: 空港各所に手指消毒剤(PURELL® Advanced)のディスペンサーが用意されています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 非接触での搭乗手続き: モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、航空機搭乗の際の身体的接触の機会を減らします。

  • 座席指定: 時間があり、フライトに余裕がある場合は、より広いスペースを確保するために搭乗口係員が座席を指定し直すことがあります。

  • 食事と飲み物: フライト時間と目的地に基づき、メインキャビンでのお食事とお飲み物のサービスが制限されています。

  • 柔軟な対応:2020年8月31日以降に発券された、すべての国内線および短距離国際線のファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、メインキャビンの航空券は、手数料なしで変更が可能です。契約条項が適用されます。詳細については、AA のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、アメリカン航空のウェブサイトにアクセスしてください。

British Airways

British Airways による現行対策の主なポイント:

  • セルフサービスでのチェックインと搭乗:オンラインでチェックインできない場合は、自動チェックイン機をご利用になり、BA の手荷物預けエリアで手荷物をチェックインしてください。可能な場合はご自身で搭乗券をスキャンしていただきますが、お手元のパスポートの詳細は係員が確認します。

  • 清掃の徹底: 毎フライト後に主な表面はすべて消毒され、毎日航空機全体の清掃が実施されています。毎フライト前に、座席から、スクリーン、シートベルトのバックル、折り畳みトレーまで、主な表面が消毒されています。

  • Skytrax による COVID-19 Airline Safety Rating で「4 スター」を獲得:国際的な航空会社の格付機関「Skytrax」より、COVID-19 Airline Safety Rating で評価を受けました。この監査分析では、IATA Health Safety Standards ChecklistICAO CART Take-off guidanceWHO の推奨事項などの関連分野が審査されます。

  • マスクと個人用保護パック:機内のお客様は全員、常にマスクを着用する必要があります。また、機内では抗菌ウェットシートと消毒用ハンドジェルがセットになっている個人用保護パックが無料で配布されます。

  • 搭乗:客室内の移動はできるだけ少なくしてください。機内の空気は、2~3分ごとに HEPA フィルターで完全に換気されています。HEPA フィルターは、99.9% 以上の効率で微小な細菌やウイルスのクラスターを除去します。これは病院の手術室の基準と同等です。

  • 食事と飲み物:乗務員との身体的な接触の機会を低減するために、機内食のオプションとサービスが変更されました。特別なご要望がある方は、詳細について、BA のウェブサイトにアクセスしてください。

  • U.K. Entry Requirements: Check the U.K. Government’s latest travel advice and entry requirements by destination.

  • 到着:安全な距離を示すマークや指示を守ってください。到着した国の公衆衛生および空港の指針によるアドバイスに従ってください。ヒースロー空港を経由して乗り継ぐ場合は、エアサイドで待機してください。その他の空港については、各空港のウェブサイトにアクセスしてください。安全な距離を示すマークに常に目を配る必要がありますが、手続きは同じです。

  • 柔軟な対応:All existing bookings made from 3 March, 2020 due to travel by 31 August, 2021 now benefit from flexible changes. すべてのバウチャーは2022年4月30日までご利用いただけます。契約条項が適用されます。詳細については、BA のウェブサイトにアクセスしてください。詳細については、BA のウェブサイトにアクセスしてください

情報は変更される場合があります。最新情報については、British Airways のウェブサイトにアクセスしてください。

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空による現行対策の主なポイント:

  • COVID-19 の検査と体調スクリーニング: 香港に到着するすべての乗客は、新型コロナウイルス感染症の検査を受ける必要があります。どのフライトのお客様も、体温を確認し、健康申告書を提出する必要があります。事前にオンラインにて提出してください。

  • 清掃の徹底:機内のスクリーンから空調設備のコントローラーまで、すべてのフライトで徹底的な消毒を実施します。また、香港空港でも清掃ロボットの配備など清掃・消毒の強化が行われています。

  • マスク: ご旅行中はあらゆる場面でマスクをご着用ください。すべての乗務員に、マスク、手袋、ゴーグルが支給されます。

  • 保護シールド: チェックインカウンターに商業用等級のシールドが設置されています。

  • 非接触での搭乗手続き:一部の空港では、搭乗手続きでの接触を最小限に抑えるため、自動認証または生体認証ゲートを利用できます。オンラインチェックインやセルフサービス設備もご利用いただけます。

  • 座席指定:座席は、可能な限り間隔を空けるよう仕切られています。

  • 食事と飲み物: お食事は、乗務員との接触を減らすため、変更されています。ただし、ドリンク類はこれまでどおり、フライト中提供されます。

  • 柔軟な対応:既存予約および新規予約について、無制限の再予約および航空券の変更が可能です。契約条項が適用されます。詳細については、キャセイパシフィック航空のウェブサイトにアクセスしてください

  • Free COVID-19 Insurance: Customers who fly with Cathay Pacific from 7 December 2020 to 28 February 2021 will be covered for medical expenses related to a COVID-19 diagnosis incurred whilst overseas, though terms and conditions apply. Cathay's free COVID-19 insurance is automatically applied to the customer's itinerary. Visit Cathay Pacific's website for details.

情報は変更される場合があります。最新情報については、キャセイパシフィック航空のウェブサイトにアクセスしてください。

Finnair

Finnair による現行対策の主なポイント:

  • コロナ補償: Finnair では、フィンランドから出発されるお客様の旅行保険を補完するコロナ補償を無料で提供しています。この保険では、登録されたお客様が目的地で新型コロナウイルス感染症に感染された場合に、関連する医療費、隔離に関連する費用などを請求することができます。ただし、ご利用には契約条項が適用されます。詳細については、Finnair のウェブサイトにアクセスしてください。

  • 清掃の徹底:「ターン」(航空機の地上滞在時)ごとに機体を徹底的に清掃します。Finnair はフィンランド国立健康福祉研究所と協力して、包括的な清掃・消毒手順が実施されていることを確認しています。

  • マスク:お客様は、搭乗前、搭乗/降機時、およびフライト中は常にマスクを着用する必要があります。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。

  • 保護シールド: ヘルシンキ空港では、チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されています。

  • 座席指定:可能な限りお客様同士の間隔を空けて座席をご案内します。

  • 個人用保護パック:搭乗時にはすべての乗客に Kyrö の手指消毒ジェルが配られます。

  • 食事と飲み物:乗務員との接触を減らすために、お食事とお飲み物のサービスが変更されました。詳細については、Finnair のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、Finnair のウェブサイトにアクセスしてください。

Iberia

Iberia による現行対策の主なポイント:

  • 症状チェックリスト:チェックイン手続き中、すべてのお客様に、過去14日間にわたって COVID-19 の症状はないという確認が行われなければなりません。

  • チェックイン: 接触を最小限に抑えるため、可能な場合はご自宅でチェックインして、搭乗券を携帯電話で表示できるようご準備ください。

  • 手荷物: 接触を最小限に抑え、搭乗手続きを迅速にするため、機内持ち込みは小さめのバッグまたはブリーフケース1個でお願いいたします。手荷物は無料でお預けいただけます。

  • 空港への到着:一部ターミナルでは、各種審査により搭乗ゲートまでの移動に通常より時間がかかる場合があります。空港へは時間の余裕を持ってお越しになることをおすすめします。

  • 清掃の徹底: 当社では、機内だけでなく、使用する工具、機器、車両、設備の清掃もさらに徹底し、頻繁に行っています。また、機内では推奨されている抗新型コロナウイルス剤を使用して、徹底した清掃を行っています。

  • HEPA フィルター:機内の空気は、2または3分ごとに高性能な HEPA フィルターを通して入れ替わっています。HEPA フィルターは、99.99%以上の効率で細菌やウイルスを除去します。つまり、機内の空気は基本的に病院の手術室と同じくらい清潔だということです。

  • マスク:お客様は、搭乗前、搭乗/降機時、およびフライト中は常にマスクを着用する必要があります。マスクで鼻と口をしっかり覆ってください。通気口があるマスクは認められません。Iberia の乗務員は個人用保護具を着用しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級の保護シールドが設置されました。

  • 搭乗手続き:よりスムーズかつ安全にご搭乗いただけるよう、Iberia では座席後列から前列の順番でお客様を機内にご案内しています。

  • 消毒用ワイプ: すべてのフライトで、ご搭乗時およびお食事前(4時間30分以上のフライト)に手指用除菌シートが配られます。使用済みマスクを保管または廃棄される際には、エチケット袋をご利用ください。

  • 食事と飲み物:接触を最小限に抑え、マスクを外した状態で長時間お過ごしいただくことを避けるため、全路線でお食事の機内サービスを休止しています。

  • 寝具:枕および毛布はフライト前に消毒し、密閉して衛生を保っています。

  • 新聞と雑誌: Iberia では、紙の新聞および雑誌の代わりに無料のデジタルプレスサービスのご利用が可能です。本サービスでは7,000を超える出版物をダウンロードして読むことができます。

  • 柔軟な対応:2020年5月28日から10月31日までのご旅行で購入された航空券は、手数料なしで変更できます。ただし、追加の契約条項が適用されます。詳細については、Iberia のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、Iberia のウェブサイトにアクセスしてください。

日本航空

日本航空による現行対策の主なポイント:

  • コロナ補償: JAL is offering complimentary COVID-19 insurance coverage for customers on international flights. この保険では、登録されたお客様が目的地で新型コロナウイルス感染症に感染された場合に、関連する医療費、隔離に関連する費用などを請求することができます。ただし、ご利用には契約条項が適用されます。詳細については、JAL のウェブサイトにアクセスしてください。

  • 体温スクリーニング: 一部空港では、すべての乗客に対して保安検査場の入口でサーモグラフィカメラによる体温測定が行われます。

  • 清掃の徹底: 航空機と空港内の共有エリアは、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。客室は、日本での停泊中に徹底的に消毒されます。

  • マスク: お客様は全員、空港および機内にて常にマスクを着用する必要があります。航空会社の全スタッフはフェイスマスクを着用しています。

  • 保護シールド: チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 手指消毒ステーション:日本の出発ターミナル各所に用意されています。羽田空港および成田空港内では、最寄りの消毒液設置場所を JAL アプリで検索することができます。JAL アプリは Apple App Store および Google Play でダウンロードしてください。

  • 搭乗手続き:搭乗時の身体的接触の機会を減らすため、お客様ご自身でモバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンしていただきます。また、お客様同士のソーシャルディスタンスを確保するため、機内へは一定の人数で区切って順番にご案内します。

  • 抗菌ハンドワイプ: すべてのフライトにおいて、機内で除菌シートをお配りしています。

  • 食事と飲み物: 乗務員との接触を減らすために、お食事とお飲み物のサービスが変更されました。

  • 柔軟な対応:一部の運賃は無料でキャンセルが可能です。また、ご予約は手数料なしで変更することができます。ただし、契約条項が適用されます。詳細については、JAL のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、日本航空のウェブサイトにアクセスしてください。

Malaysia Airlines

Malaysia Airlines では、より安全なフライトのためにお客様と従業員の最善の利益を念頭に置いて、さまざまな強化された保護対策を導入しています。

  • 体温スクリーニング: 一部の空港では、ゴールデンラウンジおよび搭乗ラウンジにてすべてのお客様に対して、デジタル体温計による検温を行っています。

  • 清掃と消毒の強化: 「安心・安全な旅」のご提供を目指す Malaysia Airlines は、マレーシア保健省と密接に連携して、航空機および空港の共有エリアの清掃など、同省が推奨する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防措置のガイドラインに従っています。航空機メーカーが承認した特別な化学消毒剤を使用して、機体の固い表面をくまなく洗浄および消毒します。化粧室も飛行中は定期的に清掃されます。

  • AirlineRatings.com COVID-19 Airline Safety Rating: Awarded seven of seven stars for the COVID-19 Airline Safety Rating from AirlineRatings.com, an international air transport rating agency. The audit analysis incorporates relevant areas of health and safety protocols.

  • 衛生手順: お客様と従業員は全員、空港および機内にて常にマスクを着用する必要があります。ゴールデンラウンジではお食事やお飲み物を取り扱うスタッフが医療用手袋を着用するほか、客室乗務員はゴーグルおよび医療用手袋を着用しています。

  • 衛生キット:ご搭乗時には、マスク、手指消毒剤、除菌シートが入った衛生キットをお配りします。

  • お食事とお飲み物:ゴールデンラウンジでは、QR コードをスキャンしてお食事(作りたてまたはパック済み)をご注文いただけます。メニューはテーブルへの配膳またはセルフサービスとなります。機内食はお客様の健康を考慮して変更されました。

  • ゴールデンラウンジのアメニティ:シャワー設備は引き続きご利用いただけます。バスタオルとアメニティは衛生的に梱包されています。無料の Wi-Fi サービスにより、お客様はデジタルによる読み物を閲覧できます。

  • 柔軟な対応:Malaysia Airlines’ offer of extended flexibility allows you to re-book your travel by by 30 June 2021 and travel by 31 December 2021. 今後の予定が確定せず、ご予約をキャンセル/変更したいというお客様は、ご旅行の72時間前までに Malaysia Airlines までご連絡ください。詳細については、Malaysia Airlines のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。「安心・安全な旅」を提供するために Malaysia Airlines が実施している衛生・安全の手順、重要なご案内について詳しくは、Malaysia Airlines のウェブサイトをご覧ください。

カンタス航空

カンタス航空による現行対策の主なポイント:

  • 非接触でのチェックインと搭乗手続き:非接触でのチェックイン(オンラインまたはカンタス・アプリ経由)とセルフサービス・バッグドロップのご利用を強くお勧めします。また、搭乗する際の物理的なやり取りを制限するために、モバイル搭乗券または紙の搭乗券をセルフスキャンすることも求められます。

  • 清掃の徹底: 接触率の高いエリアを中心に、セキュリティ検査ポイントを定期的に消毒し、コロナウイルスに対して有効な消毒剤を使用して機体の清掃を強化しています。

  • マスク:The new Federal Government requirement is that all travellers must wear a mask when flying. Everyone must wear a mask upon entering any Australian airport and while inflight. オーストラリア国内線をご利用のお客様に、マスクと消毒用ワイプが入った「フライ・ウェル」パックをお渡ししています。

  • 手指消毒ステーション:ターミナル全域の出発ゲートに設置されています。

  • 食事と飲み物: 機内でのお食事とお飲み物のサービスは現在、内容を変更して提供しています。

情報は変更される場合があります。「フライ・ウェル」プログラムの一環として、カンタス航空のオーストラリア国内ネットワーク全体で実施されているその他の健康対策の詳細については、カンタス航空のウェブサイトにアクセスしてください。

Qatar Airways

Qatar Airways による現行対策の主なポイント:

  • APEX Health Safety powered by SimpliFlying Diamond Certified: Awarded the Diamond Standard, the highest standard, in the Airline Passenger Experience Association’s Health Safety Powered by SimpliFlying audit, an independent review of its health and safety protocols.

  • Skytrax 5-Star COVID-19 Safety Rating: Certified as a 5-Star COVID-19 Airline by Skytrax for the standard of safety measures and improved hygiene processes introduced to help reduce the spread of coronavirus.

  • オンライン・チェックイン:空港でのやり取りを減らすために、オンラインでチェックインすることをお勧めします。Qatar Airways アプリで携帯電話に搭乗券をダウンロードしておくか、ご自宅で搭乗券を印刷してお持ちください。

  • 受託手荷物のみ:手荷物の機内持ち込みが禁止されている場合がありますので、事前に目的地の手荷物要件をご確認ください。空港での接触を最小限に抑えるため、ご自宅で Q タグ(手荷物タグ)を印刷してお持ちください。

  • マスクの着用:現在、搭乗から到着まで常に、すべてのお客様にマスクの着用をお願いしています。快適に過ごしていただくため、ご自宅からご自身のマスクを持参することをお勧めします。

  • フェイスシールドの着用: フェイスシールドは、ハマド国際空港で配布され、搭乗および降機する際に着用します。エコノミークラスのお客様は、ご飲食時を除き、機内で着用していただく必要があります。ビジネスクラスのお客様は、ご自身の判断で着用してください。

  • 到着はフライトの 3 時間以上前:追加のチェックイン手続きにより、空港で遅延が発生する可能性があります。安全にチェックインし、ゲート到着までの時間に余裕を持ってお越しください。

  • ソーシャルディスタンスの確保:特にチェックインおよび搭乗手続きの際は常に、他のお客様から 1.5 メートルの距離を保つようにしくてください。

  • 搭乗手続き:お客様とスタッフとの接触を制限するために、ゲートでの搭乗手続きを変更しました。ゲートでの搭乗手続きの要件にご注意ください。

  • 体調が悪い場合の旅行の中止: 過去 14 日以内に COVID-19 の症状が見られた場合は、ご旅行をお控えください。当社では、再予約していただける多数のオプションをご用意しています。

  • 個人用保護具:現在、すべての客室乗務員は、マスク、保護メガネ、手袋に加え、個人用保護具(PPE)スーツを着用します。

  • 手指の消毒剤: ご旅行中は定期的に手を洗うことをお勧めします。ギャレーには、手指消毒剤ボトルがありますので、フライト中はいつでもご利用ください。

  • サービス設備:すべてのサービス設備は、洗剤を使って洗浄し、病原菌を死滅させる温度の脱塩水ですすいでいます。

  • ヘッドセット:ヘッドセットは、各フライト後、消毒、調整され、衛生的に梱包されています。

  • 機内清掃:すべての航空機は、IATA および世界保健機関が推奨する清掃製品でフライトごとに消毒されます。

  • HEPA 空気清浄システム: 当社の航空機は、感染に対して最も効果的な保護を提供する最先端の空気清浄システムを備えています。工業サイズの HEPA フィルターは、再循環された空気からウイルスおよび細菌汚染物質の 99.97% を除去します。

  • 寝具とリネン:寝具およびリネン類はすべて、各フライト後に洗浄、乾燥し、最高 100℃ でアイロン処理します。エコノミークラスの枕カバーは、フライトごとに破棄されます。

  • 新聞と雑誌:スクリーンは、個人使用のために消毒されています。デジタル新聞や雑誌は、Oryx One アプリで利用できます。ORYX One アプリは、Apple App Store または Google Play からダウンロードしてください。

  • 保護用キット: 搭乗されるすべてのお客様に、マスク、手袋、手指消毒ジェルの入った保護キットをお渡しします。

  • 柔軟な対応:Unlimited date changes and fee-free refunds for all tickets issued before 30 April 2021 for travel completed by 31 December 2021, though terms and conditions apply. 詳細については、Qatar Airways のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、Qatar Airways のウェブサイトにアクセスしてください。

Royal Air Maroc

Royal Air Maroc による現行対策の主なポイント:

  • 新型コロナウイルス検査:モロッコに到着するすべてのフライトでは、すべての乗客は72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果(72時間以内に発行された結果ではありません)を提示する必要があります。11歳未満のお子様にはこの要件は適用されません。詳細については、モロッコ王国のウェブサイトにアクセスしてください。

  • 体温スクリーニング: 搭乗前に、非接触での体温スキャンが実施されます。

  • 清掃の徹底:航空機と空港内の共有エリアは、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。すべての航空機に承認された消毒剤が毎日噴霧されます。

  • マスク:お客様は全員、空港および機内にて常にマスクを着用する必要があります。航空会社の全スタッフはフェイスマスクを着用しています。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 座席指定:時間があり、フライトに余裕がある場合は、より広いスペースを確保するために搭乗口係員が座席を指定し直すことがあります。

  • 手荷物の要件: 以下を除く手荷物の持ち込みは禁止されています:手荷物、ベビーバッグ、ノートパソコン、投薬キットを除きます。重さ10kg、サイズ55cm x 35cm x 25cm までの手荷物は無料で預けることができます。

  • 食事と飲み物:乗務員との接触を減らすために、お食事とお飲み物のサービスが変更されました。

  • 柔軟な対応: 2020年10月31日までのご旅行に関しては、定期便の航空券は無料で交換(日付または目的地)できます(運賃の差額が適用される場合があります)。今後のご予定が確定しない場合は、18か月間有効なバウチャーを進呈します。利用されなかった場合、このバウチャーは有効期限日に払戻しされます。

情報は変更される場合があります。最新情報については、Royal Air Maroc のウェブサイトにアクセスしてください。

Royal Jordanian

お客様の安全を第一に考え、Royal Jordanianでは、いくつかの重要な変更を行いました。空港での保護対策:

  • 空港における人とのやり取りを減らすために、オンラインでチェックインすることをお勧めします。

  • 空港には、出発時刻の 3 時間前までにお越しください。

  • 安全のため、機内への持ち込み手荷物は許可されていません。ただし、個人的な小さな持ち物(貴重品、電子機器、医薬品)は機内に持ち込むことができます。

  • それ以外はすべて無料の預け入れ手荷物に加えてください。

  • 新しいセルフチェックイン機が設置されており、手荷物預けカウンターも追加されています。

  • お客様は、地方自治体により、チェックインおよび/または搭乗時に必須の体温測定を含む、すべての健康チェックを受ける必要があります。

  • クイーンアリア国際空港の Royal Jordanian Crown ラウンジについては、すべての食事がアラカルト形式で、座席の間隔を空けるなどの物理的な距離が確保されています。

フライト中の保護対策:

  • 接触を減らすために、限定された機内サービスを提供しています。

  • 機内では毛布と枕をご利用いただけないため、温かい服装でお越しください。

  • 雑誌や新聞は機内に用意しておりませんが、デジタルによる機内エンターテインメントをお楽しみいただけます。

  • 当社の乗務員は、疑わしいケースに対処できるよう訓練されています。

  • 各フライトの前後に機内の消毒、衛生管理、および徹底した清掃を強化しています。

  • 機内の化粧室は、フライト中はよりこまめに消毒します。

  • フライト中は、マスクの着用が厳しく求められます。

  • エコノミークラスでは、事前にパックで用意されたケータリングを提供しています。Crown Class では、乗務員との接触が少ない方法でケータリングサービスを行います。

AirlineRatings.com COVID-19 Airline Safety Rating: Awarded seven of seven stars for the COVID-19 Airline Safety Rating from AirlineRatings.com, an international air transport rating agency. The audit analysis incorporates relevant areas of health and safety protocols.

最新情報については、Royal Jordanian のウェブサイトにアクセスしてください。

S7 Airlines

S7 Airlines では、「S7 ケア」プログラムを開始しました。これは、各ステップでお客様のご旅行の安全を確保するための一連の対策です。

  • 清掃の徹底:空港内の共有エリアが、徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。フライトのチェックインエリアでは移動型の消毒剤を使用しています。

  • マスクと COVID 検査:航空会社のスタッフは全員、マスクを着用し、各フライトの前に健康診断を受けます。空港および機内のお客様は全員、常にマスクを着用する必要があります。

  • 非接触での搭乗手続き:モバイル版または印刷版の搭乗券をスキャンして、航空機搭乗の際の身体的接触の機会を減らします。

  • 座席指定:機内では、自動的に安全な距離が確保されます。

  • 食事と飲み物:乗務員との接触を減らすために、お食事とお飲み物のサービスが変更されました。

情報は変更される場合があります。最新情報については、S7 Airlines のウェブサイトにアクセスしてください。

SriLankan Airlines

SriLankan Airlines による現行対策の主なポイント:

  • APEX Health Safety powered by SimpliFlying Diamond Certified: Awarded the Platinum Standard in the Airline Passenger Experience Association’s Health Safety Powered by SimpliFlying audit, an independent review of its health and safety protocols.

  • マスク:お客様は、空港への到着時およびフライト中は常にマスクを着用する必要があります。航空会社の全スタッフは常に個人用保護具を着用しています。

  • Enhanced Cleaning: More thorough cleaning of aircraft and common areas in airport, more often.

  • Protective Shields: Installed commercial-grade shields at check-in counters, lounges, boarding gates and service desks.

  • Touchless Boarding: Scan your mobile or printed boarding pass to limit physical interactions while boarding aircraft.

  • Seat Assignments: When time and flights permit, gate agents may reassign seats to create more space.

  • 食事と飲み物:乗務員との接触を減らすために、お食事とお飲み物のサービスが変更されました。

  • 柔軟な対応:Customers who purchased tickets for travel between 26 January 2020 and 31 March 2021 may change their travel dates, exchange for a travel voucher or ask for a refund, though terms and conditions apply. 詳細については、SriLankan Airlines のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、SriLankan Airlines のウェブサイトにアクセスしてください。

Fiji Airways

Fiji Airways による現行対策の主なポイント:

  • モバイルアプリが必要です:フィジー保健医療サービス省の接触者追跡に協力するため、チェックインの前に careFiji アプリをダウンロードして、携帯電話による登録を完了していただく必要があります。careFiji アプリは、Apple App Store または Google Play からダウンロードしてください。

  • 体調スクリーニング: お客様は、ほとんどの空港で体温チェックや健康申告書などの厳しい体調スクリーニングが求められます。

  • 清掃の徹底:全機材、ラウンジ、空港の共有エリアのすべての表面に特別に承認された消毒剤を吹き付けて拭くなど、毎日徹底した清掃を行っています。この消毒剤は広範囲の微生物に対して効果的です。受託手荷物は、ナンディ国際空港発着のすべての便で消毒されます。

  • マスクと個人用保護具(PPE):お客様は全員、空港および機内にて常にマスクを着用する必要があります。航空会社のスタッフは全員 PPE を着用します。手指の消毒剤は、空港、ラウンジ、機内で利用できます。

  • 食事と飲み物:エコノミークラスとビジネスクラスの両方でお食事のサービスを簡素化し、乗務員との接触を減らします。Fiji Airways Premier ラウンジでは、アラカルト形式のお食事が提供されます。

  • 健康推進担当者:医療資格を持つ Customer Wellness Champion(お客様の健康推進担当者)を機内で採用し、空港および機内での医療安全を推進します。さらに、すべての客室乗務員とパイロットは、機内での医療問題への対応を含め、COVID-19 流行中における運航に対して特別な訓練を受けます。

情報は変更される場合があります。最新情報については、Fiji Airways のウェブサイトにアクセスしてください。

アラスカ航空

アラスカ航空による現行対策の主なポイント:

  • 健康に関する同意:すべてのお客様はチェックイン時に以下を確認する必要があります:72時間以内に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状が出ていないこと。新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた人物との濃厚接触がないこと。空港および機内でのマスクの着用に同意すること。

  • 非接触でのご旅行:Alaska mobile アプリはご旅行中の接触を制限するのに最適なツールです。Android および iPhone で利用可能なこのアプリでは、フライトのチェックイン、モバイル搭乗券の作成、座席変更、手荷物手数料の支払いなどを行えます。また、運航状況についての最新情報、搭乗ゲートの変更、搭乗に関するお知らせなども確認できます。

  • 清掃の徹底: 航空機と空港内の共有エリアは、より徹底的かつ頻繁に清掃されるようになっています。静電スプレーで安全かつ高品質な EPA 認定の消毒剤を噴霧して、機内で人がよく触れる場所を徹底的に消毒しています。客室内では ATP(アデノシン三リン酸)ふき取り検査を行い、病院の手術室と同等の清浄度レベルを確保するようにしています。

  • マスク:2 歳以上のお客様は、空港および機内にて常にマスクを着用する必要があります。

  • 保護シールド:チェックインカウンター、ラウンジ、搭乗ゲート、サービスデスクに、商業用等級のシールドが設置されました。

  • 手指用除菌シート:機内では、あらゆる細菌を99.9%滅菌する EO Products ブランドの除菌シートをお配りします。

  • 座席指定:アラスカ航空では各フライトの搭乗者数を制限し、一部の座席を使用不可としています。お客様同士の間隔を空けるため、あるいはご家族でご一緒にお座りいただけるよう、搭乗口係員が座席を指定し直すことがあります。

  • 食事と飲み物:乗務員との接触を減らすために、お食事とお飲み物のサービスが変更されました。

  • 柔軟な対応: 柔軟な変更/キャンセル規約を導入しています。詳細はアラスカ航空のウェブサイトにアクセスしてください。

情報は変更される場合があります。最新情報については、アラスカ航空のウェブサイトにアクセスしてください。

免責事項

免責事項:This information is made accessible for your convenience and should not be relied upon for the planning of your trip or any decisions in relation to travel. The information is compiled, monitored and provided independently by the respective source(s) identified for each information item. oneworld does not guarantee the accuracy or reliability of this information – for more information, please refer to the respective source. 各地の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応は常に変化しているため、情報が古くなったり不正確になったりする可能性があります。ご旅行時の出発地、目的地、経由地で適用される実際の制限や要件に関する情報を入手することはお客様の責任となります。In the event of a conflict between the information displayed here and the requirements of any authority, airport or airline, the latter shall govern. oneworld shall have no liability or responsibility for any omissions, errors or inaccuracies in this information or the information provided by the respective source(s). This information is made available to you on the basis that you have accepted these terms.

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink