oneworld の企業責任

6 大陸のお客様にサービスを提供する世界トップレベルの航空会社アライアンスとして、私たちは社会、地域、環境に対する責任を認識しています。

 

社会貢献とチャリティ

社会貢献とチャリティ

マダガスカルにて - Finnair

oneworld の加盟航空会社は、UNICEF の Change for Good キャンペーン、Comic ReliefSusan G. Komen for the Cure などの大規模な慈善活動を長い間支援しています。各社がそれぞれの選択したチャリティに直接の寄付や資金調達を通じて提供している義援金は、アライアンス全体で年間数百万ドルにのぼります。資金提供以外に、フライト、貨物運送、手荷物許容量拡大による支援も行っています。

マダガスカルにて - Finnair

地域レベルでは、加盟航空会社全社が学校、アート、青年団などの地域組織に参加し、積極的に活動しています。各社の社員が時間と専門知識を提供し、資金調達や支援活動を行ったり、草の根レベルの取り組みに対してアドバイスをしたりしています。

Royal Jordanian 乗務員

知名度の高い数百万ドル規模のチャリティ・パートナーシップから、小規模でも同様に重要な地域貢献まで、oneworld 加盟航空会社は確かな違いを世界にもたらしています。

こちらをクリックすると、加盟航空会社の関連ページに進むことができます。

環境

環境

BA / Rolls Royce 燃料検査

oneworld は IATA と同じ目標を掲げており、航空機による二酸化炭素排出量の上昇を2020年までにストップし、2050年までに排出量を2005年の半分に抑えることを目指しています。この目標の達成に向けて、加盟航空会社は飛行機の燃料効率を上げ、騒音公害を減らし、石油燃料への依存を低減するための新しい機器や技術に大規模な投資を行っています。 

二酸化炭素排出量が劇的に少ない次世代飛行機に対して、当アライアンスの加盟航空会社は全社合わせて数十億ドルを投じています。 ボーイング 787 ドリームライナーは、oneworld 加盟航空会社であるアメリカン航空、British Airways、 日本航空LANなどがすでに導入していますが、同機には複合材料、新しいエンジン、最新のコンピューターシステムが使用されており、従来機と比べて 20% の燃料費削減を達成しています。この 10 年間に oneworld 加盟航空会社は新たな航空機の導入に $650 億以上を投資しており、現在はボーイング 787 やエアバス A350 XWB などの新型航空機、総額 $1100 億以上の注文* が確定しています。

oneworld 加盟航空会社は研究者と密接に協力し、新しいカーボンニュートラル航空燃料の開発および試験に取り組んでいます。たとえば British Airways は、大手エンジンメーカー Rolls-Royce と提携し、持続可能なバイオ燃料の実験を行っています。アメリカン航空は政府間の取り組み AIRE に参加し、二酸化炭素排出や騒音公害の削減、燃料の節約に直接効果のある新しい技術および運用手順の導入を加速させています。

アメリカン航空は Newsweek 誌により、米国で最も環境に優しい航空会社に 4 年連続で選ばれました。

地上においてもゴミの削減、リサイクル、電気消費の節約を行い、目標達成に近づいています。

こちらをクリックすると、加盟航空会社の関連ページに進むことができます。

* 表示価格

人道援助

人道援助

ハイチの救援活動

予期できないことが起きたときには助けが必要となり、迅速な対応で多くの命が救われるケースが多々あります。自然災害による人道的危機の発生に際して、oneworld の加盟航空会社は長年にわたり、救助隊、物資、機材を最も必要とされている場所に空輸する支援を素早い対応で実施しています。その例をご紹介します。

2010年の始めにハイチで起きた地震により 300,000 人以上の命が失われ、約百万人が家を失いました。oneworld のメンバーである airberlin、アメリカン航空、British Airways、Finnair、LAN は特別便を運航し、水や配給食糧、衛生器具、テントなど、必要とされていた緊急物資を被災地に届けました。また状況に応じて、専門救援隊員をハイチに運んだり、地震の被災者を安全な場所に避難させたりもしました。

2011年3月に日本を襲った地震と津波の後、日本航空は救援隊を運ぶためのフライトを無料で提供し、被害の最も大きかった地域に向けて特別便を何便も運航しました。

東アフリカでは最近、この 20 年で最も厳しい飢きんが起こっています。2011年8月に British Airways は、食料、医療品、給水パイプなどの UNICEF および Oxfam 向け緊急物資をいっぱいに乗せたボーイング 747 型貨物機を東アフリカへ手配しました。11月にも、追加の物資を届ける便を運航しました。British Airways は救援の専門家たちに東アフリカへの航空券を無償提供しています。

2015年にネパールが壊滅的な地震に見舞われた際、oneworld 加盟航空会社のキャセイパシフィック航空は、系列航空会社で同じく同アライアンスに加盟する香港ドラゴン航空、そして Qatar Airways とともに、被災者のための救援物資の搬送や募金活動を第一線に立って行いました。

これらは加盟航空会社が最近行った活動のほんの一部にすぎません。  こちらをクリックすると、加盟航空会社の関連ページに進むことができます。

ニュースリリースの購読

press@oneworld.com からのメールがブロックされないよう、メールのスパム / セキュリティシステムを設定してください。